メルマガ登録
コミュニケーションの耳袋

現代のコミュニケーションに関する話を、しかも門外不出の話を、誰よりも早くお伝えします。
大きな耳に溜め込んだ耳寄りな話、広告、心理学、マーケティング、クリエイティブなどなどを。21世紀の耳袋、として発刊します。

※現在準備中です。お楽しみに!

セミナーのご案内

『ジャーナリスト・エデュケーション・フォーラム2012』
2012年3月3日 (土) 場所:東海大学湘南キャンパス

                              

メイン

2015年05月29日(金)

女性は、なぜ働くのか。後編。

前回に引き続き、女性の活躍に関することです。

「なぜ、女性は子どもがいてもバリバリ働きたいのか? (後編)
男は、その理由を知らない!~その2~」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20150406/279631/

2015年05月24日(日)

女性はなぜ働くのか?

女性の活躍を政府が後押ししていると言っていますが、
真実はどうでしょう?
子育てをしながら、仕事をしている女性ふたりにインタビューしました。
心の内がわかります。

「なぜ、女性は子どもがいてもバリバリ働きたいのか? (前編)
男は、その理由を知らない!~その1~」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20150406/279629/

2014年06月28日(土)

そろそろ左脳で考えるのをやめませんか?

右脳はクリエイティブ、左脳はロジックと言われます。

確かにそうですが、

脳神経解剖学者のジル・テイラーさんの体験談を知り、

右脳の奥の深さを知りました。

ジルさんは、なんと脳梗塞にかかりその状況を自ら体験したのです。

そんなことをコラムに書きました。

21世紀型ミーハーで行こう!

http://business.nikkeibp.co.jp/article/jagzy/20140522/265158/

2014年02月27日(木)

浅田真央は、世界にクリエイティブ時代を連れてきた!

いまさらですが、
真央さんのことが書きたくなって
日経ビジネスオンラインのコラムに書きました。

真央さんのスケートは、
いわゆるスポーツではないと感じたからです。

よろしければ、どうぞ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20140225/260211/

2014年01月04日(土)

2014年の思い

新年おめでとうございます。

三が日も過ぎ、今年の目標を定める頃。

どんな知性を身につけましょうか?

好きなことだけに没頭する知ですか?

いえいえ、今年こそ、情緒的知性。

すべてを俯瞰して理解できる知!そんなことをコラムに書きました。

http://www.surfday.tv/nihonjin/2014/01/31.html

2013年09月26日(木)

マーケティングゼロ

世の中にある小さなニーズ。

そこにあるのは、愛。

そんな小さなマーケティングについて、コラムに書きました。

「ニーズより愛のまなざしがヒット商品をつくる」。

よろしければ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130924/253773/

2013年08月21日(水)

アイディアは世界を変える

「アイディアは世界を変える」。

そのために、著名人が声を上げれば、効果は大きい。

ボノ、ブラピなど海外は多いが、日本人は?

そんなことを日経コラムに書きました。どうぞ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130820/252408/?ST=manage

2013年04月24日(水)

成長戦略第三の矢は女性です、と言い切るガッカリ感

人気取りのような安倍政権の戦略。

いまさら女性にフォーカスするのは、いまだに男目線の証拠。
女性初○○とか、女性の○○とか。

そこで、20人ほどの女性にアンケートして日経コラムに書きました。
「成長戦略の第三の矢は、女性と言い切るガッカリ感」

お手すきの時にどうぞ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130422/247036/?rank_n

2012年11月15日(木)

「考えること」を教えない大学に明日はない

田中大臣の発言でにわかに注目された大学問題。
遅きすぎますが、そのことについて思うことを書きました。

東北芸工大・企画構想学科がヒントです。
日経ビジネスオンライン・コラムでどうぞ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20121113/239359/

2012年09月27日(木)

金沢を歩けば、地域再生のヒントがみえます

ゼミ旅行で、金沢へ行ってきました。
目的は、加賀野菜研究。
そこでみた金沢には、
これからの地域のあり方がありました。

そのことを日経コラムに書きました。
こちらからどうぞ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20120920/237055/

2012年07月12日(木)

今年のカンヌはソーシャルの嵐!

カンヌ広告祭は
名称も変わり、時代を大きく映し始めました。

その様子を,コラムに書きました。
「まだ、タレントに依存した広告・マーケティングを続けるのですか?」

こちらからどうぞ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20120704/234119/

2012年06月12日(火)

やっと、日本にも天才が現れた!!

日経ビジネスオンライン
「新政府・初代総理大臣・坂口恭平とは何者か?」。

天才坂口恭平さんの
世の中の新しいつくりかた、独立国家のつくりかたをコラムに書きました。

間違いなく、からだの,心の眼が醒めると思います。
どうぞ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20120606/233018/

2012年05月23日(水)

日本人はクリエイティブな民族か、について。

日本人のほんとうのクリエイティブ度について,
日経コラムに書き​ました
。「最もクリエイティブな国に選ばれた日本は,本当にクリ​エイティブか」。
みなさんはどう思いますか?

こちらからどうぞ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20120517/232238/?rank_n

2011年04月25日(月)

復興へ向けて、北と南の祭りが元気に出会う

東北復興のために、
熊本の「ふるさとの夢と文化を育てる会」が立ち上がりました。
その名も、「チーム祭り」クマモト東北応援隊。
祭りのふるさと東北と九州を
祭りでつなぐ試みです。

続きを読む "復興へ向けて、北と南の祭りが元気に出会う" »

2011年03月16日(水)

大地震から立ち直ったイタリアの田舎町の話

いまだに予断の許さない状況が続いています。
地震、津波ときて、こんどは原発。
復興への道のりは遠い、
そんな気持ちにさせられますが
イタリアのいいお話。

続きを読む "大地震から立ち直ったイタリアの田舎町の話" »

2011年02月14日(月)

はっち、オープン!

地元八戸市のポータルミュージアム「はっち」が
2月11日にオープンしました。
他の地方都市と同様、
市街地の元気のなさが問題。
それを解決することができるか?
「はっち」

%E3%81%AF%E3%81%A3%E3%81%A1%EF%BC%94.jpg

続きを読む "はっち、オープン!" »

2011年01月16日(日)

名人芸ということ

私の尊敬する狂言師・野村万之介さんが
昨年12月25日に亡くなられました。
胸に大きな穴があくほど
残念でたまりません。
もう、あの飄々とした演技が見られないと思うと。

%E4%B8%87%E4%B9%8B%E4%BB%8B%EF%BC%93s.jpg

続きを読む "名人芸ということ" »

2010年12月13日(月)

考えることを考えてみる

いま、いちばんトレンドなワードは
間違いなく「考える」でしょう。
会社でも、学校でも、家庭でも
毎日飛び交う「もっと考えろ!」
では、「考える」って何??

続きを読む "考えることを考えてみる" »

2010年09月29日(水)

坂口恭平というすばらしい男

「0円ハウス」をテーマにしているのですが、
ご存じの方もいらっしゃると思います。
いわゆる、ブルーシートハウス。
路上生活者の家の本質に迫っています。

続きを読む "坂口恭平というすばらしい男" »

2010年09月25日(土)

地方は東京化を捨てよ

地方の自立、地方分権化、
地方の再活性化。
地方が元気になることが
日本再生の鍵であることは
すべての日本人がわかっていることです。
では、その実情は?

続きを読む "地方は東京化を捨てよ" »

2010年07月30日(金)

アートな銭湯は、18歳未満お断り?

瀬戸内芸術祭で
歩き疲れた身体を休ませてくれるのが、直島銭湯。
その名も、「I love 湯」
身体だけでなく、心も安まりました。

%E7%9B%B4%E5%B3%B6%E9%8A%AD%E6%B9%AF%EF%BC%94.jpg


続きを読む "アートな銭湯は、18歳未満お断り?" »

2010年07月27日(火)

瀬戸内国際芸術祭は、人を起こす!

行って参りました。
7月19日から、10月31日まで
瀬戸内の7つの島でで開催されているアート・フェスティバル。
瀬戸内の自然と人とアートが融合hしていました。
まずブログ1回目は、全体の感想から。

%E7%80%AC%E6%88%B8%E5%86%85%EF%BC%91%EF%BC%8D%EF%BC%97.jpg

続きを読む "瀬戸内国際芸術祭は、人を起こす!" »

2010年07月13日(火)

あたらしい政治のスタイルはじめよう!

政治家が揺れ、
国民が揺れ、
日本が揺れる。
こんなカオスな日本はどうなる??

続きを読む "あたらしい政治のスタイルはじめよう!" »

2010年06月18日(金)

この世はアイディア次第だ

暑い最中、ビールを筆頭に
冷たいモノを欲する気持ちはみんな同じ。
ここに、「冷やしシャンプー」なるものがあります。
さてさて、それは何?

%E5%86%B7%E3%82%84%E3%81%97%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC4.jpg

続きを読む "この世はアイディア次第だ" »

2010年04月20日(火)

ギャンブルの効用

近頃、ギャンブルの話を
聞く機会がとんとない。
不思議な心持である。
なぜなのか?
それとも、ギャンブルを知らないのか?
考えてみる。

続きを読む "ギャンブルの効用" »

2010年03月15日(月)

野村萬斎のアイディア

萬斎演出、主演の「マクベス」。
シェークスピア原作の舞台に積極的に取り組み、
今回も、萬斎らしいアイディアのある舞台でした。

%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%99%E3%82%B9.jpg

続きを読む "野村萬斎のアイディア" »

2010年03月13日(土)

アイディアを考える

アイディアって何?
そんなことが頭をぐるぐるしているこの頃。
成功するための道具?
現状を変える秘密兵器?
人生を楽しくする夢?
一体なんでしょう?

%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%EF%BC%91.jpg

続きを読む "アイディアを考える" »

2009年09月13日(日)

中沢新一VS.佐野史郎

第2回アートダイバー。
今回は、怪優佐野史郎を迎えての対談でした。
二人の共通点は、新宿ゴールデン街?
なんとも痛快なお話でありました。

続きを読む "中沢新一VS.佐野史郎" »

2009年09月11日(金)

アイディア体質養成講座開始

アイディアとは何か?
アイディアをどうやって捕まえるか?
アイディアをどう実現するか?
第1回の講座が開始しました。

続きを読む "アイディア体質養成講座開始" »

2009年08月23日(日)

これからの日本に必要なもの

選挙まで、あと1週間。
ほんとうに、いま日本に必要なものは何だろう?
みなさんは、どうお考えですか?

%E4%B8%AD%E6%B2%A2%E5%86%85%E7%94%B0.jpg

続きを読む "これからの日本に必要なもの" »

2009年08月10日(月)

ダウン症画家のすごさ

アトリエ・エレマン・プレザンというグループが
行っているプロジェクト
「ダウンズタウン・プロジェクト」。
http://www.element-present.com/html/news.html
その夏休み絵画教室を見学してきました。
絵を描くって何だろう?
その答えでした。

続きを読む "ダウン症画家のすごさ" »

2009年08月01日(土)

仙台メディアテークという図書館

建築家、伊東豊雄さんの代表作のひとつ、
仙台メディアテークを見学。
子どもから年配者までが
穏やかな表情をしているのが印象的でした。

%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AF%EF%BC%91.jpg

続きを読む "仙台メディアテークという図書館" »

2009年07月29日(水)

個の原子化は80年代に始まっていた

自己中から、巣ごもりへ。
そして、ふたたび、人とつながる?
個人主義は、思わぬ展開を見せている。

続きを読む "個の原子化は80年代に始まっていた" »

2009年07月14日(火)

「まともに考える」ことをやめよう

近頃、
頭がぐるぐる回る。
「考える」って何だろう?
それだけが頭にくっついてきて離れない。

続きを読む "「まともに考える」ことをやめよう" »

2009年03月29日(日)

六本木にトらやんが出現

六本木アートナイトに、
ヤノベケンジのトらやんが現れました。
体長7.2メートルの巨大な雄姿に
老若男女がかわいい!を連発です。

%E3%81%A8%E3%82%89%E3%82%84%E3%82%93%EF%BC%92.jpg

続きを読む "六本木にトらやんが出現" »

2009年03月06日(金)

新聞は、ほんとうに必要ないのか?Ⅱ

何人の方からか、コメントをいただきました。
実際、いま日本新聞協会からの依頼で
若者に新聞を読んでもらうために、というテーマで
キャンペーンを準備中です。

続きを読む "新聞は、ほんとうに必要ないのか?Ⅱ" »

2009年02月07日(土)

社長がいちばん考えている

先日、
東京、大阪、福岡の社長さん150人ほどに
お話をさせていただく機会がありました。
その熱さを感じて、
まだまだ日本はいける!と思いました。

続きを読む "社長がいちばん考えている" »

2008年12月31日(水)

神様が「考えよ」と怒ってる

「世の中がわめいている」
今年ほど、そう感じることはありませんでした。
まるで、神様が怒っている。
人間どもよ、リセットせよ、と。

続きを読む "神様が「考えよ」と怒ってる" »

2008年10月04日(土)

岡本太郎と縄文文化の関係

中沢新一さんが主宰する「芸術人類学研究所」の
縄文と岡本太郎、というシンポジウムを聞く機会がありました。
岡本太郎のあの爆発は、
なんと縄文文化に後押しされていた、というのです。
すごかった!

続きを読む "岡本太郎と縄文文化の関係" »

2008年07月07日(月)

藤森流建築が日本を救う!?

はじめて藤森さんの講演を聞きました。
気取ってもいなければ、力も入っていない。
建築にユーモアと自然をもたらす、お話も
建築同様、自然体でした。
%E8%97%A4%E6%A3%AE%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%AE%B6%EF%BC%91.jpg

続きを読む "藤森流建築が日本を救う!?" »

2008年01月13日(日)

芸術はしなきゃ損、損

萬斎解体新書その拾二。
「扮装」~美のリバース~
今回のゲストは、美術家森村泰昌。
そのトークでのひと言「何をやっても許される唯一の領域、芸術」
%E6%A3%AE%E6%9D%91%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%9B%E5%B0%8F.JPG

続きを読む "芸術はしなきゃ損、損" »

2007年11月01日(木)

固定観念は病気だ

「固定観念」
これは、一種の病気です。
でも、決して不治の病ではありません。
気がつけば治るものです。

続きを読む "固定観念は病気だ" »

2007年08月24日(金)

イセカツの家と子どもの創造力

%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E3%81%95%E3%82%93%E7%9B%9B%E5%B2%A1%E3%81%AE%E5%AE%B6.jpg
P8160237.JPG
アーティスト伊勢克也の「家」
今回は、盛岡の子どもたちとのワークショップ。
いちばん小さい単位で考える家のこと。
そして、子どもたちのクリエイティブ。

続きを読む "イセカツの家と子どもの創造力" »

2007年07月02日(月)

発想塾を終えて

第1回の発想塾、なんとか終了することができました。
2週間に1回で、3回シリーズ。
すべての人にクリエイティブを、という思いをこめて実施。
反省するところは多々ありましたが、
参加者の熱い力が後押しししてくれました。

続きを読む "発想塾を終えて" »

2007年05月30日(水)

生きている仏像

生身釈迦如来という名の仏像。
それが、京都・清涼寺にある如来様だ。
生身(しょうしん)という名前があらわすように、
まさに生きているお釈迦様。永遠の命を宿す仏像。
これこそ、仏像クリエイティブ。象徴としての仏像ではなく、
生きて手を差し伸べる仏像。
c.jpg

続きを読む "生きている仏像" »

2007年02月06日(火)

深澤直人のデザインの輪郭

工業デザイナーの深澤直人。
この人は、「ふつう」の天才だ。
「ふつう」というと語弊があるかもしれないが、
彼の言葉にこんな一節がある。
“えー、と思わせるような強さをなくすことの方が
すごいと思う。わっと驚かせることよりも
はるかに強い。それが難しい。

続きを読む "深澤直人のデザインの輪郭" »

2006年10月20日(金)

Nothing is Impossible

映画スーパーマン役で一世を風靡した、クリストファー・リーブ。
事故から、植物人間のようになってしまったが、
必死のリハビリで、車椅子ながらコミュニケーションができるまでに
回復した。
彼の本、“Nothing is impossible:Reflection on a New life"
できないと、あきらめたら、何もできない。
そういうメッセージだ。

続きを読む "Nothing is Impossible" »

2006年10月12日(木)

リスクをとるということ

経営者、チームリーダーの条件の一つが
リスクをとる、ということ。
失敗をはらんでいるので、
これができる人は、すごい!
と、尊敬されます。
また、できないリーダーは軽蔑されたりします。

続きを読む "リスクをとるということ" »

2006年09月26日(火)

ガッツだぜ、は本能の声

20年前くらいは
ひらめき、
おもいつき、
直感、
は冷遇されていた。
なんの裏付けもないし、
ただの箸休め、みたいに思われていた。

続きを読む "ガッツだぜ、は本能の声 " »

2006年09月18日(月)

クリエイティブを鍛える

クリエイティブは、鍛えられる。
いいでしょう。
突然、天からの贈り物のようにやってきたりしますが、
それは、もともとじぶんが持っていたもの。
それが、なにかのきっかけでひらめく。
じゃあ、どうすれば、ひらめく?

続きを読む "クリエイティブを鍛える " »

2006年08月31日(木)

固定観念脱出法

もっと自由に
もっと発想豊かに
などなど、
いまや総想像人のブーム。
でも、そう思えば思うほど
自由でなければならない、
アイディアをださなければならない、
と、左脳モードに入り、
かえって固定観念の呪縛にはまってしまいます。

続きを読む "固定観念脱出法 " »

2006年08月09日(水)

あなたの中のクリエイティブ

クリエイティブの力を発揮する、
いちばんの近道。

それは、夢見る力。

漠然としていますが、
それは、歴史が証明しています。

続きを読む "あなたの中のクリエイティブ " »

2006年08月06日(日)

アイディアのつくり方

アイディア、発想法、などなど
世の中には、
たくさんのアイディア本が出版されています。
でも、
なかなか、これぞ、と思う本は
正直ありません。
その中でも、
アイディアというものを
わかりやすく、端的につかんだ本があります。
それが、
アイディアのつくり方。

続きを読む "アイディアのつくり方" »

2006年07月24日(月)

固定観念と既成概念

これに縛られてる!
そう思う人は、まだ大丈夫。
気づいているのですから。
危ないのは、
私はそんなことはない、と
思い込んでいる人。
ヤバイ!

続きを読む "固定観念と既成概念 " »

2006年07月01日(土)

じぶんヴィジュアル

じぶんのヴィジュアル化。
これが世界と戦うには不可欠。
ワールドカップを見ていて、
やっぱりか、と確信しました。
日本人は外人と戦う場に行くと、自信がなさそうに見える。
それどころか、なんかパッとしない、目立たない。
これだけで、気後れしてしまう。
そんな気がする。

続きを読む "じぶんヴィジュアル" »