メルマガ登録
コミュニケーションの耳袋

現代のコミュニケーションに関する話を、しかも門外不出の話を、誰よりも早くお伝えします。
大きな耳に溜め込んだ耳寄りな話、広告、心理学、マーケティング、クリエイティブなどなどを。21世紀の耳袋、として発刊します。

※現在準備中です。お楽しみに!

セミナーのご案内

『ジャーナリスト・エデュケーション・フォーラム2012』
2012年3月3日 (土) 場所:東海大学湘南キャンパス

                              

« この世はアイディア次第だ | メイン | マーケティングはつまらない!と断言しよう »

2010年06月21日(月)

ワールドカップは人生の先生だ!

1次リーグも終盤戦。
日本代表の健闘で、ワールドカップも大盛り上がり。
観戦していると、
いろんなことが見えてくる。
ワールドカップは先生だね。

スペイン、フランス、イングランド、
そしてドイツまで。
ヨーロッパの強豪がコロッと負けている。

それに比べて、前評判の低かったアルゼンチンの圧倒的強さ。
そして、ブラジルの手堅さ。

また、日本を含めて、
スロベニア、スイス、セルビアの小国の健闘。
驚くべきは、ニュージーランド。
ラグビーの国だったんじゃないの?
とみんなが思ったはずだ。

この傾向を見て感じたことは3つ。

1:不可能はとりあえずない
2:先入観は首を絞める
3:スポーツは頭だ

まず1について。
相手が同じ人間である以上、失敗もあれば成功もある。
その確率を気にしすぎていては何も生まれないということ。
できる、というイメージを思い描けば、絵はついてくる。
「出来ないのは、出来ないと思うから」
「出来るのは、出来ると思うから」

2について。
FIFAランキングは単なる統計。
しかも過去のモノ。
しかし、それが良くも悪くも基準になっている。
だから、やる前から勝てるという思い込みが
大きな落とし穴をつくっているのだ。
その穴になんと多くの選手が落ちたことやら。

だから、そんなことを気にしなければ
相手が勝手に穴に落ちるのを見ていればいい。

「大胆さには落とし穴」
「消極さには往復びんた」
「情熱には幸運」
つまり、社会が勝手に決めた基準なんか信じるな、
ということである。

3について。
アルゼンチンを見ていてわかったこと。
身体性は脳を活性化させる。
メッシ選手の動きは、まさに自由脳。
身体というより、意思が彼を動かしている。
身体が先行して、脳がひきずられていく感覚。
だから、
「見る前に飛べ」
「飛べば神が動かす」

これらのことは、人生で仕事で人間関係で
全部共通すること。
さて、優勝はアルゼンチン?
もちろん、日本も飛べ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://eisaku-s.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/321

コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)