メルマガ登録
コミュニケーションの耳袋

現代のコミュニケーションに関する話を、しかも門外不出の話を、誰よりも早くお伝えします。
大きな耳に溜め込んだ耳寄りな話、広告、心理学、マーケティング、クリエイティブなどなどを。21世紀の耳袋、として発刊します。

※現在準備中です。お楽しみに!

セミナーのご案内

『ジャーナリスト・エデュケーション・フォーラム2012』
2012年3月3日 (土) 場所:東海大学湘南キャンパス

                              

メイン

2006年05月29日(月)

ガイジンと友達になる

%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%81%A8%E5%8F%8B%E9%81%94%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B.JPG
最近、つくづく感じること。
ガイジンが多い。
英語率が多い。
相変わらず、海外ブランドが多い。
島国日本だから、いままでは、ふーん,ガイジンでよかった。
でも、食料、経済、ファッション、文化と海外ものが、日本を埋め尽くしている。
だいぶ前から、グローバルの時代、とマスコミが叫んでいたけれど、実感はなかった。
ところが、これだ。

続きを読む "ガイジンと友達になる " »

2006年05月27日(土)

英語ができないと外資系にはいれないのか?

周りをみわたすと、あれ、と言う間に、外資系の会社が増えてしまいました。
そうなると、問題は英語力?
どうしてもそう考えてしまいます。
ところが、違う。

続きを読む "英語ができないと外資系にはいれないのか?" »

2006年05月26日(金)

個人主義VS.所属主義

こっちは、そのガイジンのこと、しっかり覚えているのに、ガイジンは覚えていない。
こっちは、ガイジンのこと、そうとう意識しているのに,ガイジンはそうでもない。
そんなこと、ありませんか?
私はありましたね。
ある時、その理由がわかりました。
はじめて挨拶する時、

続きを読む "個人主義VS.所属主義 " »

2006年05月25日(木)

企画書が編集者のこころを打つ

出版社をくどくにあたって、いちばんの武器になったのは企画書です。
一応の紹介はあっても、そこは初対面。
就職の面接のようなものです。
相手にとって、価値が認められなければ、おしまい。
そのためには、本の全文があったとしても、その場ではとうてい読めないし、といって渡してくると返事が気になって仕方がない。
だから、企画書。

続きを読む "企画書が編集者のこころを打つ" »

2006年05月24日(水)

はじめての出版

本のアイディアを思いついたのは、2年前です。
さて、どうやって出版するか?
問題は、出版社です。
自費出版じゃ、お金もかかるし、自己満足っぽい。それに最近は、どこでも、受け付けている。
ブログを立ち上げてからでは時間もかかるし、いまでは珍しくない。
うーん、

続きを読む "はじめての出版" »

2006年05月23日(火)

英語力だけでは通じない理由

たとえば、会社が突然、外資系に買われた!
提携会社から、ガイジン・ボスがやってきた!
グローバルの時代だし、英語くらいはできないと!
人によって理由は違うけれど、英語を習わなきゃ!の局面は必ずやってくる時代。
どうしますか?
多くの人は、英会話学校に走る。

続きを読む "英語力だけでは通じない理由" »

2006年05月21日(日)

なぜ、日本人はガイジンに弱いのか?

あるとき、はたと気づきました。
ガイジンを目の前にすると、気後れしているじぶんがいる。
日本人同士だと、あれこれ、強気に批判するくせに、その場では弱気。
もともと、異質なものを避けて通る習性が身についているせいか、面倒には巻き込まれまい、とする性質のせいか、本音を押し隠してしまう。
これでは、ちゃんとした話し合い、コミュニケーションはできるはずがない。
一方的に聞くだけで、誤解、勘違いのもとになる。

続きを読む "なぜ、日本人はガイジンに弱いのか? " »